複合材料熱物性予測システム

複合材料熱物性予測システム (CompoTherm)

高強度、軽量、耐摩耗性などの特徴がある複合材料は、自動車、飛行機、原子炉や電子実装材料などの新材料になることが期待されています。 これらの複合材料を応用するためにはさらに、急激な温度変化による熱衝撃や熱疲労に耐性があることが必要であり、熱伝導性や熱拡散性などを含む熱物性のデータが重要です。 CompoThermでは、設計した複合材料の熱物性を計算し予測することができるので、必要な熱物性を有する材料を設計することに役立ちます。

この予測システムは文部科学省の原子力試験研究費により作成されました。

Start CompoTherm

NEWS

注意事項

  • このデータベースシステムの著作権は,国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)にあります。
  • このデータベースシステムをNIMSに無断で転載、複製、第三者へ配布することを禁止します。
  • このデータベースシステムの使用により使用者が被ったいかなる損害に対しても、NIMSは一切の責任を負いません。

PAGE TOP